私の人生。死ぬほど後悔していることがあります。

死ぬほど後悔していること


私はめちゃくちゃ後悔していることがあります。
 
mina
それは若いころ全然勉強してこなかったこと。
そして楽な方楽な方ばかり選んできたことです。
 
若いころもっと勉強していたら。
もっと努力していたら。
もっと違った人生があったんじゃないかなって。

 
ああ。。やり直したいなって思っちゃいます。
 
 
 
 
スポンサードリンク



 
 

勉強せず、大変なことから逃げ続けてきた人生

私は高校くらいから全然勉強をしなくなりました。
 
短大も行かせてもらいましたが、「将来これになりたい」という明確な目標も無く、
最低限の単位を取ったらあとはろくに学校にも行かず、バイトか遊びの日々。
高い学費を払ってくれた親に心から申し訳ないなって思います。
 
就職活動も特に「ここに入りたい」とかはありませんでしたが、
そんな中一社内定を頂くことが出来ました。
 
そこでもっと将来を考えてもっと活動していれば良かったのですが、その時の私は

mina
「一社決まったからもういいや。これで面倒くさい就職活動もしなくてすむ」
と残りの学生生活は全て遊んで過ごしてしまいました。
 
 
 

大切な20代もろくに勉強せず

就職してからも、与えられた仕事を最低限こなすくらいで
自ら勉強するとかそういった自発的な感じは一切ありませんでした。
 
毎日仕事へ行って
「あーーー。面倒くさい。早く終わらないかなーーー」
って思いながら仕事をして。
 
帰ってきてからもダラダラして。
 
今思えばその時が1番時間もあって、自分を成長させるために色々なことが出来ただろうに
全く何もせず過ごしてきてしまいました。
 
 

スポンサードリンク



 
 

ちなみに一応20代で結婚をしました。。^^;

結婚の話が出たとき、真っ先に思ったことって
「やったーこれで仕事辞めれるー」
でした。
 
最低な考えだよなって今となっては思います。
 
専業主婦に憧れていたんです。
 
元旦那にもちろん好きという感情はありましたが
それよりも単に「結婚」というものがしたかった。
結婚して仕事を辞めたかった。
という思いの方が強かったです。
 
それだもん失敗(←離婚)しますよね( ̄▽ ̄;)あひゃー
 
 
 

考え方が変わったのは35歳くらいから

35歳くらいでやっと気付くんです。
これまで貧乏だったのは自分のせいだったって。
 
結婚している時もずっと貧乏で。
それを元旦那のせいにしていました。
 

mina
しかし根本は自分が悪かったんだって35歳くらいでやっと気付くんです。
もっと早くに気付けていればなぁ。
 
 
 

自分の人生を良くするのは自分

このことにやっと気付いて、そこから色々勉強して
たくさん新しいことにチャレンジするようになりました。
 
上手くいかなかったこともたくさんあります。
なんなら失敗の方が多いかもです。
 
しかしながら
成功者と言われている方の大半が、たくさん失敗してきたと言っている気がします。
 
私が印象に残っているのが、ユニクロの社長さんのお言葉。
【1勝9敗です】
 
ユニクロの社長さんのような超お金持ち。
一般的に成功者と言われている方でもたくさん失敗しているのです。
失敗してもたくさんチャレンジし続けて今があるのだなって思います。
 

mina
昔の自分のように、何も考えずダラダラ過ごしていては人生は変わりません。
私は自分の人生を良くしたいから、頑張ることに決めました。
 
 
スポンサードリンク



 
 

まとめ

自分の人生を良くするのは自分。
このことにもっと早く気付けていればなって。
 
20代の私、なんてもったいない時間の使い方をしていたのかなってすごく後悔しています。
 
後悔はしているけど、過去には戻れないからまあ仕方ないです。
 
これを見ている若い方。いや若くなくても。笑
 
どうか楽な方、楽な方を選ばないようにして下さい。
勉強して、行動してください。
自分の人生が豊かになるように自ら行動してください。

 
私も気付くのが遅かったですが、今後の人生はそうやって生きていきます。
 
では本日はこのへんで。
最後までお読み頂きありがとうございますm(__)m
 
このブログでは
月収12万だったシングルマザーがどうやって豊かな生活を手に入れたのかということを綴っています。
宜しければ他の記事もご覧くださいm(__)m

私。昔はどん底でした。

2020年4月8日
 
 
 
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。