小学校入学準備金ってぶっちゃけいくらかかるの? 【シングルマザーみな家で使った金額も公開します】

小学校の入学準備金


この記事にたどり着いた方は

入学。めでたいにはめでたいけど・・
ぶっちゃけ準備にいくらかかるの??!

っていうのが本音ではないでしょうか(^◇^;)

私も娘が小学校へ入学するときにそんなことを思いました。

そして友人に

小学校の入学準備に10万円はかかると思った方がいいよ
と言われて目玉が飛び出たことを思い出します。。(汗)

この記事では私が実際に入学準備に使ったお金と
ひとり親の方が知っておいた方が良い知識に関してお話させて頂きます。
 
 

 
 
スポンサードリンク



 
 

実際のみな家の入学準備の内訳を公開!

ランドセル50,000円
30,000円
上靴3,000円
紅白帽子500円
雨具1,200円
筆箱2,000円
文房具(鉛筆、消しゴム、定規、ノート、赤鉛筆等)2,000円
エプロン、三角巾2,000円
フォーマルスーツ7,000円
鍵盤ハーモニカ(入学後)6,000円

合計103,700円!!

みな
友人が言っていたように10万円を超えました。。
金かかるーーーーー
 
 
 

就学援助

『就学援助』 聞いたことがある方もそこそこいると思います。

学校教育法において
経済的理由によって、就学困難と認められる学齢児童生徒の保護者に対しては、市町村は、必要な援助を与えなければならない。
とされています。

市町村によって多少違いはあるものの私の自治体ではこんな感じです。
だいたいどこも近い感じだとは思うのですが。

・新入学児童学用品費等(入学準備金)
・学用品費
・体育実技用具費(スキー、スケート、柔道着等)
・PTA会費
・給食費
・医療費
の援助を受けることが出来ます。

高学年になったらクラブ活動費や修学旅行も対象になります。
 
 
 

朗報。就学援助を入学前に受け取ることが出来る自治体もある

朗報です。
就学援助を入学前に受け取ることが出来る自治体もあるのだそうです。

私、このことを知ったのはつい最近で。

自分の時は入学式までに申し込めば良いとのことだったので
3月くらいに申し込みをして、入学後に入学準備金を頂きました。

しかしながら・・
「今」買えなくて困っている!
って方もたくさんいますよね。

ということで、入学準備金を入学前に支給してくれる自治体も増えてきているそうです。

みな
ちなみに入学準備金は私の自治体では45,000円くらいでした。
かーなーり有り難かったのを覚えています。
お住まいの自治体に確認してみると良いと思います。
 
 
スポンサードリンク



 
 

まとめ

小学校入学にかかるお金は約10万円でした。(みな家の場合)

就学援助という制度があって、内容は自治体によって様々ですが
入学準備金というものを受け取ることが出来ます。

こういった支援や援助って基本は自分から申請しないと頂けません。

学校側からとくに案内があるとも限りません。

みな
なんでもそうですが、自分から積極的に情報を得なければいけません。
今の時代ネットに大概のことは載っているので、情報には敏感になった方が良いですよね。
知っていると知らないとでは大違いだと思います。

ということで本日は以上です。
参考になりますと幸いです。
 
 
 
今後子育てってお金がかかりますよね。。
副業を勉強して、月に5,000円でも10,000円でも稼げるようになればかなり大きいと思います。

私の全収入源を紹介します!私の収入源は全部で〇個!!

2020年4月15日

シングルマザーがお金を稼ぐおすすめの方法3選

2020年6月7日

最後までお読み頂きありがとうございますm(_ _)m
 
 
 
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。